■□■ キャリアコンサルティングの定義

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。 (平成27年9月改正:職業能力開発促進法 第二条第5項)

 

人は、様々な役割や環境の中で、「仕事」と向き合い、生活をしています。

それぞれの役割や環境を整理し、また、課題を明らかにしながら、自身の「心の満足」を得られるよう、いかに働くか、を考えていくことが大切です。

そして、一人で抱え込むのではなく、自分にとってのベストな選択を目指し、ともに考え、ともに歩んでいく人との出会いが、キャリアコンサルティングであると、私は考えます。

 


■□■ キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことを職務とする。

キャリアコンサルタントの使命は、相談者のキャリア形成上の問題・課題の解決とキャリアの発達を支援し、もって組織および社会の発展に寄与することである。(平成28年4月制定:特定非営利活動法人キャリア・コンサルティグ協議会 キャリアコンサルタント倫理綱領より)

 

キャリアコンサルタントとして、常に「相談者の人生設計において重要な役割を担っている」ことの責任を自覚し、活動することが大切だと考えています。

 

『すべては相談者のために』