キャリアコンサルティング

基本的には、2級技能検定の受検対策ではありますが、継続的な指導についてお申し込みをいただいています。 スーパービジョンのような位置づけだと思います。 先日、一緒に振り返りを実施し、できていることと課題について考えていきました。 きちんと丁寧に振り返りをすることで、自分自身の課題を概念化することができたのではないでしょうか。...
先日、所属団体の資格更新にむけて、ビデオ学習をしておりました。 そこで改めて、『傾聴の意義』について学ぶ機会を得ました。 みなさんは、傾聴の効果をどのように捉えていらっしゃいますか? 一般的には、ラポール形成や信頼関係の構築に役立つと考えられていると思います。 その通りですよね。 また、カタルシス効果という言葉もご存じだと思います。...
2級実技試験に向けて指導をしています。 昨年度から私が心掛けていることとして、「事例検討」にならない、ということです。 どうしても受検生というのは、「試験の事例に対して、ロールプレイを上手にやれるように」という希望があります。 もちろんそれは、試験に合格するためには重要でしょう。...
先日、2冊目の書籍を発行することについて、ご案内させていただきました。 いよいよ、私の手元にも在庫が送られてきました。 Amazonでの予約もスタートしております。 企業内で実施されている、従業員の社内教育について、私が企画提案することはいたしません。 ですが、今までの教育だけでは、離職を防ぐことは難しかったのではないでしょうか?...
私は以前、職業訓練校で担任をやっておりました。 パソコンの指導と簿記3級の指導です。 パソコンインストラクターは、出産前に6年ほどやっておりました。 その経験を活かし、訓練校での集合教育を担当させていただいていました。 職業訓練校ですので、スキルを身につけ就職することが目標です。...
現在、新型コロナウイルスの流行をうけ、マスクでの対応をしている方も多いかと思います。 いつだったか、量販店の販売員がマスクをしていることについて、お客様からのクレームを受け、販売員のマスク着用を制限したお店が話題になりました。 このお店も、現在はマスク着用を促しているのではないでしょうか。...
相談者のお話しを聴いて、受け留めますよね。 まずは、受容していかれると思います。 そして、共感的理解を示していきます。 さて。 果たしてこれだけで、「自分をわかってもらえた」と感じられるのでしょうか。 そもそも、これをすれば、聞き手は相手を本当に理解できたといえるのでしょうか。 どこまで聴けば理解できるのか、わかりません。...
ご相談にのっていて、「○○なってもらいたい」という思いや、それに付随する課題や問題点に気づいていくことがあります。 それは、相談者のため、という考えのもと、起きてくる感情や思考です。 安易に退職してしまうのはもったいない、とか。 ベンチャー企業など、これからどうなるかわからないのだから、辞めた方がいい、とか。...
昨年から、キャリアコンサルティング協議会様で実施されていた、キャリアコンサルティング技法の使い方について学んでおりました。 また、キャリアコンサルタントの方に向けて、私がインストラクションできるようになる、ということを目的とした学びにも参加をしておりました。...
キャリアコンサルティングの大きな目的として、行動変容があります。 相談後、一歩を踏み出せること、ですよね。 この行動変容ということについて、書いてみようと思います。 相談者の方へ行動を促すよう、関わって行くことが多いかと思います。 問題共有から目標を共有し、合意を得て、では、こんなことをしていきませんか?と問いかけていく。...

さらに表示する